忍者ブログ
華麗なるダメ人間の日常をつらつらと。話題は任天堂ゲーム、ロボットアニメ関連、二次創作など。
踊るダメ人間日記+
11≪ 2017.12|12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫01
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「鳥居の道標(とりいのみちしるべ)」は、今年度のMAP企画に応募作品として投稿したものです。
ほぼ一年ほど前に、tyoueiさんと黒戸さんの会話の中で生まれたネタを託されていたのですが、
当初応募作品として予定していたネタが手詰まりで書きあがる見通しが無かったため、急遽方針変更して書き上げました。
作品が出揃い、他の投稿作品を見て、似た雰囲気の作品がいくつもあって正直戦慄しましたがw


投票審査の結果は思わしくなく、掲載には至りませんでしたが、こうして公開することに恥じらいは微塵もありません。来年のMAPに参加するかは分かりませんが、叶う場合は媚を売らない程度に頑張って掲載を狙っていこうと思います。


涙なんて、まだ流さないんだからッ!

拍手


さて、執筆にあたって、事前にシナリオの一部を不変の設定として決めていた部分がいくつかありました。

  ・主人公がワタルである事。
  ・ワタルの敗因は具体的な何かではなく『運命』である事。
  ・それを知る手段がコックリさんである事。

この二点は、既定の話の流れとして外せない物でした。ネタ案の時点で「そういう話」とは決まってたのです。そんなわけで、これらを踏襲した上で、果たしてどこまで物語を読ませる事が出来るかが今回の焦点となりました。



投票審査における評価理由に、コックリさんという選択に違和感がある、ミスマッチであるという意見はやはりありました。しかし、これについては以上の様に『最初から決まっていたから仕方が無い』と弁明しておきます。案を戴いたお二方にはとてつもなく失礼な発言ですが……。
また読後感、その後味の悪さについては、報われない結末であるだけにこれも仕方が無いと言うか当然だよな、と思います。投稿してから気付いた事で、所謂『やっちまった!』です。MAPにぶつけるには厳しいチョイスだったかもしれません。あるいは、もっと広義の意味で前向きなラストも考え得たのでしょうが。まぁ、これはこれであるべき形なんじゃないかと思っています。

そして、低い評価の理由に最も多かった「後半の展開」への厳しいお言葉。まー何と言うか……みんな目が肥えてるからこういう反応も少しは返ってくるだろうと予想してましたが、流石にここまでとはw
相手が悪かった、という意見も戴きましたが、他の作品に負けたというより審査員と二次創作小説の歴史に負けた感があるのが、ちと虚しいですな。
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

Copyright © 踊るダメ人間日記+。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT.
忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:たられば
社会人。
HomePage:SOMETIMES
ポケモン二次創作小説を取り扱ってます。
twitter
Twitpic
ブクログ
最新コメント
[06/12 瑞穂]
[05/31 たられば]
[05/31 Arc]
[09/17 たられば]
[09/16 ふしぎだね]
最新トラックバック
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析