忍者ブログ
華麗なるダメ人間の日常をつらつらと。話題は任天堂ゲーム、ロボットアニメ関連、二次創作など。
踊るダメ人間日記+
11≪ 2017.12|12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫01
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この記事は割とネタバレ満載で行くかと思われますので注意。



11月23日発売、『ゼルダの伝説スカイウォードソード』、先ほどクリアしました。
総プレイ時間が(多分)50時間前後なので、毎日結構な時間を割いてたことになりますね……。

Wiiで、リモコン&ヌンチャクを使用するアクションゲームはこれがほぼ初。
最初は操作こそ慣れなかったですが、次第に小気味良くプレイすることができるようになりました。
ただ腕を振る、角度を変えて保持する、という操作は結構手首に負担が。ロフトバードの飛行操作での縦振りで最初かなり疲れました。余裕で筋肉痛に。
あとは盾を構える操作、突きの剣技動作がイマイチ決まらないことが多かった。これは周辺機器の問題もあるのかもしれないけど。

ゲーム全体として、難易度は高くなかったように思います。
特にボスは外見やステージから攻略方がなんとなく予測できることが多かったような。隙が出来たあとはオラオラオラ~ッと斬りまくるだけなので。あとはまぁ、ヒントとクスリ駆使すればどうにでも……。
そういう訳で、ボスよりもそこに到達するまでの仕掛けのほうがよっぽどしんどくて大変だったという気がします。ボスの数がそれほど多くないし、ゲームとして謎解きの方にウェートを置いていたのかも?
プレイを進めていくと「ゼル伝ならこうだろ」っていう仕掛けのパターンと言うか発想が培われていって、後半の閃きに繋がっていくのがいいですね。この辺がCMで中川翔子さんが言ってる「成長できる」ってとこなのかも。
ラスボスがシンプルに剣と盾で勝負、というのは個人的に良かったですね。

難易度が低めな点は、クリア後に登場する「辛口モード」の存在もあるのかもしれません。
ただモード突入するためにはそれまでのプレイ記録を上書きして消す必要があるので、サブイベントなど未消化な状態でラスボスを倒して選択を迫られるとなかなか困惑するところでした。まぁ上書きしてしまった訳ですが……あのプレイをまた繰り返す、しかも辛口で……と思うと背筋が寒くなるぜ。
PS3の新作ゲームの発売日を明日に控えているので、しばらくはプレイする予定はないけどいつやろうかなぁ。年末とかにのんびりやるかなぁ。

ストーリーは濃厚で所々ユーモアを挟んでくるのでメリハリもあって楽しかったですね。RPG的にはもっと絶望感を抱かせるような展開があっても良かったと思うけど、この辺は任天堂らしいとも言えるのかな?
バドのイイ男になりそうフラグの回収、神殿のおばあちゃんの正体などニヤリとさせてくれる登場人物も多かった。「時のオカリナ」に続く物語ということで、後の展開を匂わせるような演出もなかなか。ゲボラ校長はあれのモデルだよな……。
おばあちゃんの正体は途中で気付いたのですが、バドのことを知りながらそういう態度をとっていたのか、過去での出会いや別れを経た上で改変された未来なのか、結構あやふやですね。あとおばあちゃんの羽織ってる変な形の布はバドの髪型なのかなぁ……そうなのかなぁ……。


とにかく、楽しく遊べたゲームでした。
広大なフィールド、所狭しと詰められた仕掛け、濃厚なストーリー、魅力的な登場人物。どれを取っても一級品、さすがと言わしめる作品だったように思います。
ゼル伝シリーズ自体、実は「時のオカリナ」以来のプレイなんですけど、確実な進化を感じました。トワイライトプリンセスの評判はどんなものなのかまだ知らないけれど、ちょっと興味が出てきたような。

拍手

PR
ポケモンホワイトで「ホワイトカード」達成しました。
ホワイトカードというのは、各プレイヤーが持ってるトレーナーカードの色を条件を満たしていくことで変化させた最高ランクのものです。
歴代のポケモンでは基本的に最後の色はブラックだったんですけど、BWからホワイトカード、ブラックカードと別れたようですね。

ちなみにカード色の変更条件は、

・シナリオクリア(殿堂入りの必要無し)
・全国図鑑完成
・ミュージカルのグッズコンプリート
・ハイリンクでデルパワー全開放(ブラックLvとホワイトLvの両方を30以上にする必要がある)
・スーパーシングル・ダブルともに49連勝

という感じでした。

最後まで残ったのがサブウェイシングル49連勝…。
これまでもそれなりに強力なポケモンで挑んでいたものの再三の挑戦も虚しく敗北を重ねてきていて、若干やる気がなくなりつつあったのですが、オンラインの知人がつい最近全条件をクリアしたこともあって再度奮起したのでした。
とにかく勝ちを取りに行く手段として、これまで使っていなかったゲンガーを育成。エスパーに対抗できなくなりつつあったのでハッサムも育成。
そんな感じで地盤を固めた結果、どうにか49連勝、先ほど達成できました。

図らずもこの日9月18日はポケモンBW発売から一周年。
偶然とはいえこの記念の日に達成できたのはよかったですね。別にホワイトカード達成日が記録されるわけではないのですが。

今回ポケモンをプレイしたのすらかなり久しぶり(ポケセンから出たらゲーム内季節が夏から一気に春に…)で、結構離れていたんだなぁと実感しました。
ゲーム内のやりこみ要素としてある程度のラインに達したこともあって、今後またプレイ熱が再燃するかは怪しいところですが、そろそろ3DS版か三色目の声が聞こえてきてもおかしくない時期だとは思います。

ま、ともあれ当面の目標は達成できて嬉しい!やった!
そんな感じです。

拍手

先日発売が発表されたニンテンドー3DSの新色。



この赤色、名称「フレアレッド」がもうとんでもなく好みで買うしかない情動に突き動かされている。

なんてったって赤である。3DS発売当初、なんでカラバリに赤がないのかと絶望し、購入を先延ばしにする理由にしたほどだったので喜びもひとしお。
そうじゃなくても値段が張るし、なかなか手が伸ばそうと思えずずっとスルーしてきたけど、これはいい背中の一押しになりそう。差し当たっての問題はこれといって欲しいソフトが無いということか…。

少し前に発売されたゼル伝時のオカリナなんかは懐かしさ半分で興味あるけど、やっぱり一度遊んだことあるゲームというのが大きい。
ガンダムのゲームが割と初期の頃に発売してたが、あちらは評価がなかなか聞こえてこないから判断しかねているし。少なくとも話題にならないというのはいい傾向じゃないしな…。
あとは発売を控えているスターフォックスとか…これもリメイク商法だし優先度は低く考えたいのだけども。

参照:ウィキペディア【ニンテンドー3DSのゲームタイトル一覧】

まぁバイトしてても生粋の貧乏学生なもんで、すぐにソフトにまで手を出せるか怪しいところではある。
金を持ってないから下手な買い物できないプレッシャーがあって、またそういう感覚が染み付いちゃってるから安牌ばっかり揃えようとするきらいがあるのよね…。
もっと好奇心旺盛に行けばいいのに。遊んでみればきっと楽しいと思うんだけどなぁ…。



好奇心といえば、最近「朧村正」というWiiのゲームを買いましたよ。(リンク先、音出ます)

バトレボが用済みになってから長いことWiiが無用の長物と化していたけど、ようやくちゃんと遊べるソフトが手に入った格好。
Twitterで知り合いが遊んでて面白いという話だったので影響されて買ってみたんだけど、いやはや、これがなかなか爽快感があって面白い。
2D横スクロールアクションなんだけど、初心者向けのモードだとかなり無茶なプレイでもなんとかなるし、大暴れできて快適なプレイ感覚。コマンドとかは殆ど無くてスティックガチャガチャしながらボタン連打でもぜんぜん大丈夫だし。
背景グラフィックや音楽も特筆すべきものがあって、和風に現代楽器の混ざったテイストはかなり脳が幸せな感じ。サントラはガチ購入の予定です。
RPG形式の割にプレイ時間はさほど長くないものの、キャラクター造形や中の人の演技もとても魅力的で一気にお気に入りになりましたよ。
悪百姫かわいいよ悪百姫。

最近廉価版が発売されたようでかなり安くなってるので、Wiiで遊ぶゲームがないよーって人は面白いと思いますよ。

拍手

Wifiランダム対戦も小慣れてきたので趣味パに挑んでみるものなり。

昔から好きなタイプだったのもあって炎パの構成はずっと考えてはいたのだけれど、このタイプ統一はあまりにもマゾかったのでなかなか完成に至らなかった。
如何にどうしようもないかというと・・・

 ・素早さが最速でも108族のゴウカザル
 ・サポート向き、受け向きのポケモンが乏しい
 ・弱点が顕著でメジャー、耐性がさほど豊富でない

などなど。
弱点の件は特に顕著で、複合タイプで水を等倍に出来るポケモンが存在しない。一応炎ドラゴンタイプのレシラムはいるけれど、禁止級でバトルに採用はできないし…。
水だけじゃなく岩、地面技にも弱い事が多いので、相手の選出次第ではあっという間に殲滅されかねない。例えばスターミーなんかにスカーフを巻かれると先制技以外では絶対に抜けないので、ハイドロポンプ3発で終了しかねない。同じくガブリアスクラスの攻撃力を持つポケモンにエッジを連発されるのも厳しい。

逆に利点をあげると、

 ・個々の能力が高いことが多い
 ・火傷を受け付けないなど相手の戦略を崩せる
 ・ある程度相手の選出を制限できる(これはどの統一パにも言える)

などなど。
サポートに向かない分、火力や耐久がそれなりの種族が多いため、タイプ的な負担を減らすことが出来れば十二分に渡り合うことはできる。
またBWになって一層増えた鋼、虫、草など、強力なポケモンを多く擁するタイプの登場が減るのは大きい。


とにかく弱点をどうにかすることが先決なため、場に出るだけで天候を日本晴れ状態にできる特殊な特性”ひでり”を持つキュウコンの解禁が待ち望まれていた。
この特性を持つキュウコンはBWとインターネットの連動サービスで手に入る限定的なポケモンで、かつ入手に結構な苦労がかかるポケモンだったのだが、先日偶然入手に成功したため、早速育成に着手し、水タイプへの絶対的な苦手意識はいくらか薄らいだ。
(※後に改造ポケだったことが発覚。正式に♀が出るようになってから再厳選した。)

以下が、今回の炎統一パである。


キュウコン 臆病 H252、S252、D6
技:だいもんじ/ソーラービーム/めいそう/みがわり 持ち物:オボンのみ 特性:ひでり
起点の晴れさせ要員。瞑想積んでの特殊受けの役割も兼ねるが、信頼性は低い。C無振りだが晴れ下の文字はそこそこ。かなしばり+みがわりもアリか。

ウインディ ずぶとい H252、S調整、残りB
技:かえんほうしゃ/めざパ地/おにび/あさのひざし 持ち物:たべのこし 特性:いかく
物理受け要員。おにびを入れることが出来れば十分通用する。HGSS時代からの実績も豊富なため採用。

ヘルガー せっかち S252、A耐久無振りスターミーふいうち確1調整、残りC
技:かえんほうしゃ/あくのはどう/めざパ電/ふいうち 持ち物:きあいのタスキ 特性:もらいび
対スターミー要員。読まれること必至だが入れないわけにもいかないので採用。めざパ電はソラビでいいかもしれない。

ヒートロトム ひかえめ S252、H120、C138
技:ボルトチェンジ/オーバーヒート/めざパ氷/おにび 持ち物:こだわりスカーフ 特性:ふゆう
対600属ドラゴン要員。……とは名ばかりでタイマンからでないと大した戦果は期待できない。仇敵水タイプに有効な電気技の使い手で有用性はある。トリックはBWで覚えられず。

バシャーモ やんちゃ A252、S252、C6
技:とびひざげり/ブレイブバード/オーバーヒート/しんくうは 持ち物:いのちのたま 特性:もうか
新特性加速かと思わせて、普通の型。新特性で厳選できるようになったら育成しなおす。ちょっと足は遅いけどアタッカー型。厳選が済んだらゴウカザルに席を奪われるかも。

ウルガモス おくびょう C252、S252、H6
技:むしのさざめき/だいもんじ/めざパ氷/ちょうのまい 持ち物:ラムのみ 特性:ほのおのからだ
特殊アタッカー。積んで殴ればあら強い。めざ氷は意外と役に立たない。


意気揚々と書き連ねたものの、まだこのメンツで何十戦もしたかと言うと全然そんなことはない。
まだ雨パなどに当たってもいないから、どこまで通用するのかしないのかは未知数。
現状の感想は「相手次第だが弱くはない」。

やっぱり好きなポケモンで勝てるのが一番だと思うので、これからも頑張ろうと思うのである。
しかしこのメンツでレーティングに挑む自信はないのであった…。

拍手

ポケモンBW、発売になりましたね。
予約していた事もあって当日に無事ホワイトを入手できました。位置的に予約人数も多くなさそうな中古ショップ、しかも開店と同時に入店したのにもかかわらず、購入まで10分ほど並ばされたのは流石というべきか。

とりあえず、日曜の夜にストーリー自体はクリア。タイムは22:18。早解きするつもりもなかったし、急ぎ足プレイでもないと思うんですが、周囲に比べると早めに終えてしまった印象です。良いストーリーだっただけに、もっとじっくり遊んでも良かったかなぁ。
クリア後の要素をおおよそ片付け、各所のアイテム拾いこぼしがないかをのんびりとチェックして、今日はやり込み要素のひとつバトルサブウェイに挑戦してました。
ポケシフターでポケモンをDPtやHGSSから輸送できても道具の持ち込みは不可能ということで、対戦環境という意味でも新たにBPの獲得は絶対必要になるので。
ただ思ったよりも大変そう。効率化を図ると単純作業と化すし。
厳選環境の整備も考えだすともっと時間がかかるだろうなぁ。パワー系の獲得だけでもBP16×6だから、結構な時間。

とはいえ、「楽しいからいいか」で済ませてしまえるのが新作の良いところ。
今作は本当に楽しくプレイできました。というか現状進行形で楽しいです。
新規ストーリーだったからなのか、大人の視点で開発者サイドが込めた色々なメッセージ性も読み取りながらプレイ出来たからなのか…。
大人にも子供にも新鮮で、そしてポケモンの魅力を余す事なく感じさせてくれて本当によかった。


すれ違い通信が個人的にツボ。
まだ人の多い場所での通信は試していないのですが、大学の部室棟だけでもかなりの数のプレイヤーとすれ違いが成立していたように思います。
プレイヤー間の敷居は今作でかなり下げられているような。いいことです。
聞く所によると秋葉原ですれ違い通信を試した結果本当にすごい事になっていたそうな。いいなぁ、やってみたいなぁ。
出掛けよう、とゲームから思わされるとは不思議なものです。

まだまだ楽しめそうなBW。これから判明していくであろう色んな要素がほんとうに楽しみだ!

拍手


Copyright © 踊るダメ人間日記+。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT.
忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:たられば
社会人。
HomePage:SOMETIMES
ポケモン二次創作小説を取り扱ってます。
twitter
Twitpic
ブクログ
最新コメント
[06/12 瑞穂]
[05/31 たられば]
[05/31 Arc]
[09/17 たられば]
[09/16 ふしぎだね]
最新トラックバック
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析