忍者ブログ
華麗なるダメ人間の日常をつらつらと。話題は任天堂ゲーム、ロボットアニメ関連、二次創作など。
踊るダメ人間日記+
09≪ 2017.10|12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ご無沙汰に次ぐご無沙汰でなんというかアレなんですが、僕です。


しばらく前に告知しましたポケモン小説短編連作集『バグルス』の原稿を、先日脱稿しました。
今のところスケジュール的には校正期間。全部直したと思ってもどこからともなく出てくる誤字を潰したり物足りないところを加筆したり、脱稿してからのほうが神経使ってるような?
それでも、今回も楽しく執筆できてよかったです。

短篇集全体としても、同じ世界観を共有しているにもかかわらず、執筆者の皆さんそれぞれが全く違う色の小説を提出されて、読んでいて感心するというか。
これこそが、この短篇集企画の狙いなのでしょうけど、皆さん流石としか。
その一員になれたことを、嬉しく思います。


さて、どんな作品を書いたかはぜひ本を手に取ってもらって読んでいただくとして……。
大事な大事な頒布場所についてお知らせしようかと。

3月17日(日)
東京ビッグサイト
HARU COMIC CITY 18
東6も30b

です!!!!!

皆様ぜひご来場いただき、本を手にしてもらえばなと!!!
その後ポケモンオンリーイベントや通販などでも手にして頂く機会は設けられるようなので、今回の春コミに来れない方も、そちらの方法でぜひ!


そんな感じで、告知の方は終了です。

やっぱり作品を書くと創作熱が上がりますね。
せっかくなのでこういうタイミングに他の手持ち作品にも手を付けておきたいところ、と毎度言ってる気がしますが。まぁ、のんびりやります……。
ドラえもん、脳内ストーリー出力機出してよー。

拍手

PR


毎度ご無沙汰な感じですが、今回はいつになく間が開いた感じです。
こんにちは、そしてこんばんは。たらればです。

毎回言ってますが、Twitter等の更新で完全にブログが割りを食ってますよね。
もちょっとブログ更新の機会を増やしたいけれど、やっぱり話題がないと……って感じでしょうか。日々撮った写真紹介とかでも全然いいと思うのですが。
ちょうどブログの管理画面にiPhone用忍者ブログアプリが紹介されているので試してみます。

そのうちね。タブンネ。



さて、本題に移りまして。

今回はポケットモンスターを題材とした二次創作短編小説企画、その名も、

ポケモン小説短編連作集『バグルス』

の紹介をさせていただきたいと思います。

本企画で発刊するのは、僕がこれまで参加してきた、作者ごとに様々な世界観の作品を持ち寄る形の短編集ではなく、ひとつの世界で起こったとある事件を、様々な人物の視点から捉えた作品が集う、短編連作集という形式の小説本になります。
たらればも、光栄なことにお誘いをいただき、作者の一人として名を連ねる運びとなりました。
すでに企画サイトの方も動き始めており、企画の紹介文と一緒にリンクを記載させていただきます。



世界にコンピュータウイルスが蔓延した。
そのウイルスは、ボックスシステム内のポケモンのとあるデータを改変してしまう効果を持っていた。
改変されるのは、ポケモンの成長を促進させる「ポケルス」と呼ばれる病原体のデータ。
変異型ポケルスは、元のそれとは逆に、成長を阻害し、衰弱させ、やがて死に至らしめる。
人々はこのウイルスを、「バグルス」と呼んだ。

夢見る少年(仮)、静観する観察者(仮)、そして、バグルスに挑む者。
未知の病原体に直面した彼らが起こす行動とは?
そして、誰が、何故このウイルスを世界にばらまいたのか――

ポケモン大好きなポケモン字書きたちによる、ポケモン短編小説の連作集。


発刊は来年春ごろを予定しております。

こうした共通の世界観をウリにした企画というのはこれまでも経験がありますが、やはり設定のすり合わせとか、個々の認識の食い違いから矛盾が発生したりとか、参加者が増えれば増えるだけ、何かと難しい事が増えてくるように思います。
ただ、それを乗り越えてでも作品を作りたい!と思えるだけのロマンが、そこにあるのではないでしょうか。
僕もそれを作り出す一員となれれば、これ幸いです。


それでは、今回のブログはこの辺で。

拍手

デルタ・ストーリーに#5を追加しました。

ようやくカスケードの主要な面々を全員登場させることが出来ました。
終盤ちょっとあっさりしてしまったので、後々修正噛ませるかもしれません。
一文字打てば一文字分話が進む、の気概でやっていこうと思います。


ついでにポケモンサーチの情報も久々更新しました。
ウチのサイトのバナー詐欺はそろそろなんとかしたほうがいいと思う。

拍手

2年以上(!)放置していたデルタ・ストーリーに#4を追加しました。


ポケモン救助隊もネタとしては結構古いものとなって来ましたが、探検隊と合わせてこのゲームの世界観は大好きです。小説内では独自解釈バリバリやってますが。
相変わらずサイト名通りの更新頻度ですが、この辺もぼちぼちやっていこうかと。

拍手

報告が遅くなりましたが……
以前から度々連絡させていただいていたポケモン小説短篇集「ボックスたんぺん ポケルス」ですが、去る10月9日に行われた同人誌即売会「ふぁーすと2」にて完売となった模様です。
拙作「巨往実帰」を寄稿させていただいておりましたが、完売を気に再び自分で読み返して、誤字脱字に頭を抱えつつも「うむ」とひとつ頷ける作品が書けたと満足行くところもあったりで…。

歴代


これにて「ボックスたんぺん」シリーズは一旦終了と相成るようですが、「無印」、「いろちがい」、「ポケルス」と三度にわたって作品を掲載していただいて本当にありがたい話です。
自分の文章、作品が載っている文庫本……「無印」の時からそうでしたが、手に取った時のゾクゾクとした感覚は忘れられるものではありません。
どんな形でも掲載されれば僕は喜んじゃうのですが、文庫本という体裁はそれとは別の意味で非常に大きな価値があると思いますので……周りにそのあたりの気持ちを理解してくれる知り合いがいれば小躍りしながら自慢しているところでした。
最後に、主催の黒戸屋様、執筆にあたってお世話になった参加者の方々に改めてお礼をさせていただきたいと思います。本当にありがとうございました。

「無印」、「いろちがい」に掲載していただいた作品は現在サイトに公開しているのですが、これに続いて「巨往実帰」も……となるかはちょっと考え中です。
もちろんたくさんの人に読んでいただきたいとは思っているのですが、「本を買わないと読めない作品」ってのにも憧れるわけで。傲慢な話ですが。
まぁ取り決めている公開解禁日までまだ日もあるのでゆっくり考えようかと。



ところでモンマニ関連のサイトさんを周回させていただいたら何やら面白そうな企画が発足していてわくわくてかてか。一読者として楽しみにさせていただこうと思います。そういう形での物書きって長いことしてないなぁと昔を懐しく思ったり。

拍手


Copyright © 踊るダメ人間日記+。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT.
忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:たられば
社会人。
HomePage:SOMETIMES
ポケモン二次創作小説を取り扱ってます。
twitter
Twitpic
ブクログ
最新コメント
[06/12 瑞穂]
[05/31 たられば]
[05/31 Arc]
[09/17 たられば]
[09/16 ふしぎだね]
最新トラックバック
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析