忍者ブログ
華麗なるダメ人間の日常をつらつらと。話題は任天堂ゲーム、ロボットアニメ関連、二次創作など。
踊るダメ人間日記+
09≪ 2017.10|12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夏のポケモン映画、見てきました。
散々見ない見ない言ってたんですが、たまたま友人と都合がついたので…これではツンデレみたいじゃないかくっそー。

見てきたのはゼクロムの方で、黒白各ロムで受け取るものは受け取ってきました。
先日配布されていた「うたうピカチュウ」もまだ受け取っていないし、配達員カードがどんどん溜まっております。でも面倒だから受け取らないー。


さて、映画の感想ですが…。


ゴルーグが格好良かった。


…以上。(真顔)

拍手

PR
今年のポケモン映画、

「ビクティニと黒き英雄 ゼクロム」「ビクティニと白き英雄 レシラム」

だが、どうにもコケそうな気がしてならない。


新世代のポケモンを取り扱う映画ということで、2作同時公開という方式をとったのは面白いと思うものの、「いつもと同じくらいのコストでコンパチの2作上映して2重に利益だそうぜ!」みたいな魂胆が見える。
こんな批判的なことが言えるのも今年の映画はあんまり見に行く気にならないからこそであり、なぜ見に行く気になれないかというと、


特典がしょぼい


ビクティニ、ゼクロムレシラムと絵としては実に豪華なのだが、ポケモンプレイヤーとしてはどうにも地味な印象が拭えない。
どれも初期からBWをプレイしていれば手に入れることが可能なポケモンだし、特別な技を持っていたりやボールに入っていたとしても、そもそもバトルで使えないのだから意味が無い。


BWが発売してからすでに9ヶ月近く。
最近では夢特性のポケモンも次々と解禁され、ポケモン育成の多様化は進んでいる。
しかしその中で前世代、HGSSの頃に使われていた「チイラのみ」「ヤタピのみ」などの一部のきのみが未だ解禁されないままでいるなど、戦略そのものはまだ幅を残しているのも確かだ。
プレイヤー、特に対戦を好む廃人プレイヤーにしてみれば、こうした道具が解禁されることでバトル環境に新たな刺激が加えられ、ポケモン育成の意欲を掻き立てられることになるはずだ。
逆に言えば、そういう刺激がない現状のバトル環境は、現状多かれ少なかれマンネリ化の空気が生まれつつあるように感じる。


BWに続くイッシュ三作目を待てというのか?
あるいは来るかどうかもわからないバトレボ2(仮称)に未来を託せというのか?


折角の金儲けの機会なのだから、こうしたきのみを配信ポケモンに持たせてがっつりポケモン廃人たちを取り込めばいいと思う。
公式な発表こそないが、過去の映画でもこうした配信要素にポケモンバトルに役立つ道具が組み込んだことでアニメ自体に興味がない人も会場に足を運んで収益に繋がったという事例はあるはずだ。


あくまでも個人的な以上だが、きのみなど、バトルに関係のある配信物がない時点でこの映画を見に行く理由の大半が失われてしまったのが正直なところだ。
もしかすると今回前売り券で配信するビクティニとか、あるいはゼクロムレシラムをゲーム内に登場させることで何がしかのイベントが起きる仕組みなのかもしれないが、今のところそういう情報もないし。
もちろんここまで全作見てきたポケモン映画だから、作品そのものはいつかは見ることになると思うが、この夏、わざわざ映画館に足を運んで、という形になるかは甚だ怪しいという感じだ。


憶測ではあるが、自分と同じような理由で映画を見に行く気がない、というプレイヤーは結構いると思う。
そういった客の感性に気付いていないのだとすれば、株ポケサイドの戦略は少々難があると感じるし、だからこそ、今回の二作同時上映という方式が普段配信目的で見にくる廃人の分の売り上げをカバーしようという思惑からきているのではないか勘ぐってしまうのである。



まぁ小難しい商品戦略とかはどうでもいい。自分が言いたいのはただ一つ。

きのみ早く解禁してください。

それだけだ。

拍手

3ヶ月ぶりくらいですが皆さんお元気ですか!
僕はそこそこに元気です!

この3ヶ月ほどでいろいろありまして、…いや、無かったんですが、更新してませんでした!
→のtwitter見てた方がいれば僕の精神状態が至極健康だったことは推し量れたと思うのですが。

まぁ状況報告ということもあるので、続きにそのへんは書いておきますね。

拍手

1月16日。
比較的近隣である京セラドーム大阪にて、2011年ワールドホビーフェアが開催されました。3月に発売となるニンテンドー3DSの試遊会が開かれており、新ハードということで興味もあるので参加してきました。


会場へ向かったのはお昼を過ぎる少し手前くらい。到着は12時半頃だったかと思います。
ご飯時で人が散っているかと思いましたがそんなことはなく、会場内はすごい熱気。
京セラドームは一度ポケモンフェスタで訪れていたのですが、それよりも人がいたように思います。年齢層は子供とその保護者中心でしたが、試遊会目当てと思われる二十歳前後の人の姿も多く見られました。

試遊会はゼルダの伝説、パルテナの鏡など発表タイトルごとに列ができており、到着時点で長いものは3時間待ちの状態。比較的空いていたものでも1時間近い列と物凄い混み具合でした。
今回は3DSそのものが触りたいだけで、こだわりもなかったのでリメイク版「ゼルダの伝説 時のオカリナ」の列へ。こちらは待機時間が約100分。ちょっと疲れました。

列に並んで30分ほど経った頃、試遊ブースに隣接していたポケモン特設ステージから聞き覚えのある声が。遠目に見える位置にいたので様子を伺うと、なんとサトシ役の声優・松本梨香さんがMCに登場していました。
突然の出来事に周囲からざわめきが起きる中、往年のポケモンアニメの名曲のメドレーが始まるではありませんか。最新のポケモンアニメ主題歌に始まり、めざせポケモンマスター、ライバル、タイプ・ワイルドなど。
松本梨香さんを生で見れただけでも感動するところなのに、その生声を聞けたとあってかなり興奮しました。このイベント無料入場なんですが、羽振りがいいですね。

松本さんのMCも終わり、冷めやらぬ興奮の中再び列並びの時間。
この間、時間つぶしに先日購入したポケモンブラックのすれ違い調査隊を黙々と更新しておりました。ああいった人の集まる会場はすれちがい通信を進めるのに最適ですね。

そんな内に、試遊の順番が回ってきました。
試遊は一人につき持ち時間が8分。時のオカリナコーナーでは設定されたいくつかのマップの中からひとつ選んでプレイが出来ました。
初めて触る3DS。手に持った印象はよく、さわり心地もいい感じ。
時のオカリナといえば64時代の名作ですが、3DSに移植するに当たってポリゴンやテクスチャの大幅な改善がされていました。グラフィックだけで言えばGCクラスではないでしょうか。
話題の3D映像も堪能。飛び出るというよりは奥行きが生じる、手前と奥の位置関係が分かりやすいという感じでした。一応3Dモードのオンオフも可能で、場合によってはそちらのほうが遊びやすいかも?
時のオカリナでは3DS本体をかざす位置を変えることでジャイロセンサーが稼動し、パチンコやリンク視点モードの方向を動かすギミックが追加されており、新鮮でした。
当初から立体視を続けることによる目の疲れが懸念されていましたが、個人的にはそこまでの負担は感じませんでした。皆無ではないけど、さほど問題ないといった所。

そんな感じで、プレイしてみた感想は素直に楽しそうだというものでした。
とはいえ初期発売タイトルの中にそこまで魅力を感じるものがない上、春先のスパロボ新作に向けてPSPを購入する必要がありそうなので僕自身の入手優先度は低くなりそうですが。
ついでに言うと、初期カラバリに赤がなくなったのも優先度低下の要因の一つ。なんで外れてしまったんだろうか。


試遊ブースを離れたあとは会場内で配布されていたゾロアークも受け取り、しばらくして行われるというWCSルールのポケモンバトル大会の決勝までの時間つぶしです。
少し前に、週刊サンデーにポケモンの漫画が連載されるという話を聞いてたのですが、それらしいポスターを小学館ブースのそばで見つけたのでパチリ。



これとは違う画像をtwitterに添付して投稿したところ、この一件に関してかなり有力なソース画像になったらしく、ものすごい勢いでリツイートされまくってびっくりしました。
あとから知ったことですが、はちま起稿さんとか普段閲覧しているまとめブログに自分の撮った写真が載る日が来るとは。

この後、ポケモンバトル大会の結果を見届け(こちらも前年のWCS世界二位の少年が登場するなど美味しい展開)、意気揚々と帰宅しました。
前述もしましたが、ワールドホビーフェアは無料入場のイベントです。しかしそれに反してかなり充実した内容、時間を過ごさせてもらった気がします。
田舎にいた頃はこういうイベントは指を咥えて雑誌記事を眺めるほかなかったのに、こうして直接参加できて本当にうれしい気持ちです。楽しかった!

拍手

あけましておめでとうございます!

今年はガキの使い観て実感もなく年越しの瞬間を過ごしました。
気付けば日付が変わり、twitterはあけおめツイートで重くなり、携帯メールは規制され、新年始まっても何もすることがなかったです。


さて、今年はまた環境が大きく変わる節目の年となります。
幸い初詣で引いたおみくじは大吉、『転居』の項目は『焦らないが吉』だったので急がず慌てず、気持ちを切り替えていこうと思います。
それでもこの三ヶ月は慌ただしいものとなりそうですが、新たに挑戦したいこともあるので前向きに過ごしていきたいな。

拍手


Copyright © 踊るダメ人間日記+。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT.
忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:たられば
社会人。
HomePage:SOMETIMES
ポケモン二次創作小説を取り扱ってます。
twitter
Twitpic
ブクログ
最新コメント
[06/12 瑞穂]
[05/31 たられば]
[05/31 Arc]
[09/17 たられば]
[09/16 ふしぎだね]
最新トラックバック
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析